Walnuts Anpan(Japanese red bean paste bun) . . It has been quite a while since I…

Walnuts Anpan(Japanese red bean paste bun)
.
.
It has been quite a while since I’ve indulged in evening me time. I really can’t miss out on it, that’s the reason I’m here!
.
Japanese all time favorite, the timeless classic. This is very famous and popular for many people. Plus, it was made out of a very typical approach. So, I’m going to skip the features and figures of the detail. Besides, it’s entirely for sentimental value.
Winter is just around the corner. I received my advent calendar yesterday. On that, it was the third time I got up in the snow flurry morning since I’d said autumn is here.
It’s time to put the book hangover in a drawer, the summer to winter. Looking it back, I baked the buns. See next summer, till then!
.
These books have been the top 2 most favorite works over 15 years, even though not my mother tongue or first language written. The favorite part of my favorite novel series, set in the early century to mid century. Focusing on humanity, including aftermath of World War II, keep the topics on. This series took my third language to the next level. No doubt! And, it still works well. Reading these books(which look like a brick😂), reminding the stance that still makes me excited, that’s how I keep my hand in it.
Even though this bun is unlikely to be my thing in itself, It does work sort of the pairing of the scent of specific perfume and memorable reminiscence. Not enough to take it to my cup of tea, even so, it would be a likely caption each year for me.
.
.
.
.
.
.
備忘録と言うものは、実際には読み返すようなものではない場合が多い。それでもやめられないのは仕方がない。何故と問わないほどには出来でいる。
.
普段からアンパンを好まない癖に、三個も焼いた。
余ってる小豆を消費するためでもあったが、実は夏だからであった。
もう夏だな、と思った瞬間から決まってたものだろう。
十六年前、当時十代だった私は熱病のような恋に落ちた。
そして、今にしてもまだ終わってない。
恋に恋したのだろうと思った瞬間もあった。当てはまる言葉を見つけず迷い込んで、うっとりしてる中に順番を間違えてしまった事もあった。程々にしないと、とか今にしてから思えばただの気迷いだったかも、とかーーなんとか終わらせようとした時期もあった。
適当に名付けて、都合のいいように片付けて、単に娯しむ事なんて出来る筈もなかったのに。
どれだけ自分に言い置かせようとしても、いつだって何一つ変わりはしない。
こんな風に夏は始まって、歯切れの悪い言葉でもやもやしたまま堪えて続けて、煽動者になる寸前やっと夏を見送られるーー落ち。
余ってる小豆を使えましょうって、単なる言い逃れで。居丈高に構えようと悪足搔きしているだけ。
振り向けてからはもう後戻りできない。分かり切った事、それでも許してしまう。一瞬で吸い込まれて、それからは季節沿いでただ事しかできない。正にレールに敷かれた身、ましてや目をそらす事なんて出来る筈もなかろう。
停滞に満たされている気分を抱いたまま、どん底までご執心、やがて共犯者になったかのように、使い回してきた言葉を夏盛りに捧げる。
>

, , , , , , , , , ,

12 thoughts on “Walnuts Anpan(Japanese red bean paste bun) . . It has been quite a while since I…

  1. 重ね色から茜と小豆色そして真っ黒色を抜き取って、警戒とか境界とか千社札とか雑な感想を漬け込めて、箱に貼り付ける。闇に隈取られるかいなかを測って、又人を込むかいなかを測ろうとして、隠し部屋に曲がれる。
    籠目と入れ籠、改竄と影、着た物のと仕立て上がり済みの着物、見た目と見掛けよらず。どっちであろうと帯と文様のように、長いスパンで物を見て考える必要がある。個人的にはジレンマ、もしくは踏み絵とも取られる。
    谷崎潤一郎の方が秋だったら、きっとこの熱傷は描点であろうと観念する。
    日本離れもう十年、年号さえ変わって、これ以上取り残した事なんて何一ない。
    ただ、聞香遊びみたいな、風情のある鬼ごっこが懐かしいだけ。

  2. The buns look delicious! 😍 A totally new thing for me to learn about. And really loved reading your very interesting post. ❤️ It’s amazing the rituals and habits we follow year after year with changing seasons. 😊

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *